専門実践教育給付金制度

2年以上の勤務経験のある方へ
「専門実践教育給付金制度」

入学金や授業料の負担を減らせます

  • 秋コアの2年課程の全学科は「専門実践教育訓練給付金」の支給対象となる厚生労働大臣指定講座に指定されています。

制度主旨

 厚生労働省は、働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の教育訓練給付金制度に「専門実践教育訓練給付金」を拡充しました。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(現在お勤めの方)または一般被保険者であった方(離職されている方)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、2年間に受講者が支払った教育訓練経費の50%がハローワークから支給される制度です。

 ハローワークによる訓練前キャリアコンサルティングを受ける必要があります。詳細は最寄りのハローワークでご確認ください。
ハローワークホームページはこちら
専門実践教育訓練給付金リーフレット(厚生労働省)はこちら

対象者
雇用保険の被保険者、または被保険者でなくなってから1年以内の方
講座の受講開始日(入学日)までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方(教育訓練給付金を受給されたことがある方は雇用保険の被保険者期間が通算で10年以上必要)
指定講座
○情報システム科/アプリ開発コース
○情報システム科/Web・CGデザインコース
○ビジネスキャリア科/経理ビジネスコース
○ビジネスキャリア科/情報ビジネスコース
○医療事務科
○ホテル・ブライダル科
給付額
○在学中:入学金・授業料・必須の教材費等の50%(本校の場合、2年間で最大57万円)を支給
○修了後:上乗せ20%(本校の場合、上限22.8万円)を追加支給(修了後1年以内に就職決定し一般雇用保険の被保険者になることが条件)

支給対象者の条件

在職中または離職後1年以内の方で2年以上雇用保険料を収めている方
受講中の生活を支援する「教育訓練支援給付金」も申請可能です(詳細はハローワークにお問合せください)

指定講座(本校職業実践専門課程の2年課程)

↑