経理ビジネスコース

先日、税理士試験を受験している卒業生と話しました。

卒業生は在学中に日商簿記検定1級を合格して、税理士法人に就職して

働きながら勉強をしています。

近況報告を聞いていると、職場の税理士の先生方や先輩職員の方々から

本当に良くしていただいていることが十分すぎるほど伝わってきました。

先ほども触れましたが、日商簿記検定1級は税理士試験の受験資格です。

ただ“働きながら勉強を続ける”ということも受験資格だと私は感じています。

受験生時代、私も周りの方々のご理解とご協力で“働きながら勉強を続ける”

ことができて、そのお蔭で合格できたものと思ってます。

卒業生には、“働きながら勉強を続ける”ことがどれだけ難しく大変で、また

有難いことなのかを感じながら頑張ってもらいたいです。

 

 

いよいよ春のオープンキャンパスが近づいてきました。

今回はビジネスパーソンに必要不可欠な会計についてご紹介します。

高校生の皆さんの中には「簿記」の勉強をしている人も多いかと思います。

ただし、この「簿記」を勉強するだけでは十分ではありません。

「財務諸表」の内容がわからないとビジネスの世界はなかなかわかりません。

「簿記」、「財務諸表」を勉強したことのない人にとっては、何のことは全く

わからないと思いますが、オープンキャンパスに参加していただければ

ビジネスの世界を少しだけ垣間見ることができます。

 

将来、オフィスワークをしたい人や興味のある人、または事業を興して

経営者になりたい人などは是非オープンキャンパスに参加してその世界を

体感してみて下さい。お待ちしてまーす!!

 

 

先日、税理士試験を受験する人は日商簿記検定1級の勉強をしている方が

有利との話をしました。

そのことについてご紹介したいと思います。

日商簿記検定1級の受験で必要なのは、問題の初見の段階で正確な解釈と

正確な計算処理をする力です。

2・3級と異なり、どちらの試験も問題量が試験時間に比べて圧倒的に多く

絶対的に時間が足りません。言い換えれば見直しの時間が無いのです。

税理士試験の会計科目である簿記論と財務諸表論は日商簿記検定1級の

試験範囲とほぼ同じであり、何よりも1級の受験に必要なことも同じです。

問題の初見の段階で失敗してしまうと取り返しがつきません。

また、他に共通点として過去問題や模擬問題で見たことのないような問題が

出ることも似ています。

つまり、どのような問題が出ても“問題に負けない気持ち”も必要です。

本校では、そのようなことを十分に熟知した教員が指導してますので、

1級の合格をして経理のスペシャリストを目指したい方は是非本校で

実現させて下さい。お待ちしてます。

 

 

1年生は今週から春休みに入りました。ヾ(≧▽≦)ノ

春休みの期間は授業が無いので、これまで学習してきた内容の振り返りができる

大変貴重な機会です。

日商簿記検定1級の特に商業簿記・会計学は、毎日の不断の努力をする人が

合格を引き寄せられます。

問題をただ解くのではなく、どうしてこの解答になるのか、どうしたらこの解答を

導き出せるのかを意識して解くこと、そして何よりも問題の解答を間違えたとき

どうして“間違えた”のかをしっかりと受け止められることが大事です。

この1カ月、遊ぶときにはめいっぱい遊んで、学ぶときにはしっかり学ぶように

充実した春休みを過ごしてもらいたいです。(●^o^●)

 

 

 

先日お伝えした全経簿記1級完全合格のお話ですが、

全員1級会計と1級工簿の“完全合格”を達成しました!!

これから来年度の日商簿記検定1級に向けた学習が

本格化します。

体調管理をしっかりして、毎日毎日のルーティンを決めて、

目標に向かってただひたすらに進んでもらいたいです。

先日全経簿記1級のお話をしましたが、これにはさらに上級の検定があります。

全経簿記上級は日商簿記1級と同じく、合格すれば税理士試験の受験資格が

与えられます。

経理ビジネスコースでは日商簿記1級の授業を行っていますが、合格した学生で

税理士試験の受験勉強をしている卒業生が実際にいます。

働きながらの勉強で大変だと思いますが、私も働きながら勉強して合格した

経験から、事あるごとにアドバイスをしてます。

ところで、税理士試験の会計科目である簿記論、財務諸表論は日商簿記1級の

勉強をしている人が有利だと経験上感じます。

私も日商簿記1級の勉強をして“簿財”に挑戦しました。

どうしてそのように言えるのかは、また別の機会にお話ししたいと思います。

 

経理ビジネスコース1年生は、インターンシップ直前に

全経簿記能力検定1級会計を受験します。

この検定は会計と工簿の2科目両方を合格して初めて

1級合格となります。

前回、1年生全員が工簿に合格しているので今回、再び

全員が会計を合格すれば、1級の“完全合格”となります。

学習内容が日商簿記1級と2級の中間レベルと言えるので

日商簿記検定1級の学習に弾みをつけるためにも高得点

での合格を期待してます。

私が日商簿記検定の受験をしたときは、2月の試験はありませんでした。

大学1年生の6月におよそ2カ月の学習期間で3級の受験をし、11月に

2級の受験をしました。

経済学部であれば簿記の資格は取得していて当然という時代でした。

日商簿記検定の範囲は実務を考慮して、今年度を含め2級の出題範囲が

3年間で段階的に広がっていきます。

そのような状況から、2月の検定は“駆け込み受験”が増えるものと思いますが、

出題傾向をしっかりとらえ、問題演習をしっかりと繰り返し、問題文をしっかりと

理解して解答する人がやはり合格に近いと思います。

時代は変わっても事業でお金が動く限り、帳簿記入の重要性は変わらないので

これからも簿記の重要性を伝えていきたいと思います。

2月のイベント

再来週は、インターンシップがあります。
今それに向けた準備を着々と進めておりますが、
その一つとして、電話についての授業があります。
電話のかけ方、様々な状況を想定した受け答えの仕方、復唱…などなどです。

今回はインターンシップの準備として、企業の担当者と打ち合わせをする為に電話をかけます。
私も既に電話をしましたが、不慣れな部分が多いなぁと感じました。
これからはそういった電話をする機会が増えていくので、徐々に慣れていきたいと思います。

余談
来週はバレンタインなので色んな人にお菓子をばら撒く予定です😏
毒はおそらく入ってないので安心して食べてください。笑

先日、経理ビジネスコースの1年生に連結会計の説明をした時に

「むじんこ」の話をしました。

東北地方では古くから「無尽講」と呼ばれたものです。

「連結」と「無尽講」と何のつながりがあるのかと言われれば直接的に

つながりがあるとは言えませんが、地元がここ秋田なので話すことが

できる内容でした。

無尽講そのものの内容については、情報ビジネスコースで学習する

内容に関わるので、機会があれば学生に伝えたいと思います。