高度職業実践科 ブログ

ETロボコン2019 試走会(1)

2019.07.29

いよいよ 7/27(土)、ETロボコン2019 第1回目の試走会です。またまた、秋田から新幹線こまちに乗って、いそいそとやってきました盛岡です。むしむしと秋田も盛岡も暑いなぁ。

学校では、本番のコースで走らせることができないため、試走会での走行は欠かせません。なおかつ、実験と情報収集の貴重なチャンスです。2時間弱、気合を入れて頑張りましょう。

本番用のコースを見るのは初めてです。おや、意外とコンパクトな感じを受けます。やはりゴール直後の青いラインが目立ちます。これが難所へのチャレンジする際の「鍵」になります。

ゴールを目指して、スタート!

おおっ、2年生チーム、最初からゴールまで完走するじゃないか!もしかして、史上最強じゃないか!

(しかし、まだ実装していない部分がいっぱいあるのに、こんなにうまくいっていいのか?これは何かの罠なんじゃないのか...) 

図にのって、さらに走行スピードを上げようとするメンバー。限界突破なるか? あ、やっぱりここでコースアウト。

改善の余地はまだまだあるなぁ。毎度のことではあるけれど、S字カーブはくせものですね。

さて、3年生チームはどうかな?

むむ。片方のコースしかうまくいかないって?

スタート直後に後ろに下がりすぎるし、尻尾は変な動きはするし、うぅ、散々ですなぁ。プログラムに致命的な欠陥があるんじゃないかな。ちょっと準備不足でした。

悲しい背中の3年生。

まあ、走行できなくても、センサーによる情報収集はできたよね。

ちらりちらりと横目で他のチームの走行を見てみますと、結構がっちり走行しているチームがいます。タイムも上々。この時期にあの安定した走行はお見事というしかありません。企業参加のチームのようでしたが、メラメラと(勝手に)ライバル心が燃え上がるのは、私だけでしょうか?

第2回目の試走会は、8/24(土)。それまでにどれだけプログラムの精度を高められるか、夏休みですが、ここが勝負時です。

「熱い」夏はまだまだこれからです。

↑