ブログ

医療事務科ブログ一覧 (全4件中 1件目~3件目を表示)

  • 1/25 特別講演会を開催しました

    2020.01.25

    医療事務科の舘岡です(*^_^*)

    1月25日に、秋田県医療秘書養成支援事業
    の特別講演会を行いました。
    今回は
    「多職種で地域をつなげる医療とケアの在り方
     ~語り継ぐ いのち と ものがたり~」
    と題して、秋田県医師会 副会長 の 伊藤伸一 先生から

    ご講演をいただきました。

    患者さんの想いを支えるため、
    医療や看護、介護の専門家だけではなく、
    患者さんの家族や地域住民など
    みんなの連携が必要であること。
    患者さんの想いを共有するために
    ナラティブブックという仕組みがあること。
    など、たくさんのことをお話していただきました。

    伊藤先生は、ナラティブブック秋田の中心メンバーでいらっしゃるので、
    今回の講演会は、伊藤先生の熱い気持ち感じた、
    心に刺さるような講演会でした。

    ご講演いただいた伊藤先生、
    貴重なお話しをありがとうございました。
    この場をお借りして、御礼申し上げます。

    ナラティブブックについてはこちらから(^^)/

     

  • 赤十字救急法講習会

    2020.01.24

    医療事務科の舘岡です(*^_^*)

    医療事務科では、毎年、救命講習会を行い
    いざという時に応急手当ができるよう心がけています。

    今回は、日本赤十字社秋田県支部の方から、
    赤十字救急法について教えていただきました。
    内容は
    ・心肺蘇生とAEDの使い方
    ・けがの手当て(三角巾の使用法)
    でした。

    傷病者の命を救うための一連の行いを「救命の連鎖」といいます。
    これは下記の4つの輪がつながったものです。
    ①心停止の予防
    ②早期認識と通報
    ③一次救命処置(心肺蘇生とAED)
    ④二次救命処置と心拍再開後の集中治療

    ①~③が一般の人、つまり私たちが
    役目を果たすものになります。

    心停止の予防は個々の健康管理に委ねられますが、
    早期認識と通報、一時救命処置は
    その場面に居合わせた人が、迅速に行う必要があります。
    いつ誰が、こうした場面に遭遇するかを
    予測するのは難しいので、
    救急法の手順や注意点をしっかり把握して

    日頃から心構えをしておくことが大事だなと
    改めて思いました。

    教えていただいた日本赤十字社秋田県支部の指導員の皆さま、
    大変にありがとうございました。
    この場をお借りして、感謝申し上げます<(_ _)>

     

  • 授業スタート

    2020.01.16

    医療事務科の舘岡です(*^_^*)

    短かった冬休みも終わり、
    秋コアでは、今週から授業が始まりました(*^^*)

    医療事務科では
     2年生 卒業研究
     1年生 検定試験対策
    を中心とした授業を行っています。

    2年生の卒業研究は
    「記憶の記憶のしかたについて」
    「食とからだ」
    について、2グループで進めています(^O^)/
    2月13日(木)にアルヴェで卒研発表会があり、
    秋コアの全学科が、各分野についての
    研究成果を発表しますので、
    ぜひ見に来てください!

    1年生の検定試験対策は
    2月に「秘書検定」「簿記検定」「エクセル検定」の
    3つも検定試験があるので、

    全てに合格することを目指して、頑張っています(^O^)/
    検定試験が終わると
    楽しい春休みが待ってます!
    やや気が早いですが、未来の楽しいことに向かって
    今、やるべきことをガンバリマショウ(^_-)-☆

     

     

1 2
↑