ブログ

医療事務科ブログ一覧 (全9件中 4件目~6件目を表示)

  • 医師事務作業補助☆

    2018.05.23

    こんにちは😊
    医療事務科2年の田村裕美香です!

    わたしたち2年生は
    7月にある医師事務作業補助の試験にむけて
    勉強をがんばっています!

    医師事務作業補助というのは、
    医師の事務作業を医師に代わって
    わたしたち医療事務が行う仕事です。
    そのため、これまで勉強してきた
    医科や歯科に比べて、より専門的な
    医学の知識を身につけなければならず、
    とても大変です💦

    ですが、試験までクラス全員で協力しながら
    合格目指してがんばります!!!!!

  • 5/22 ジャンプアップ講座

    医療事務科2年 担任の舘岡です(*^-^*)
    医療事務科では5月22日(火)に
    ジャンプアップ講座として、普通救命講習Ⅰを行いました。
    城東消防署の職員の方にお越しいただき
    主に、心肺蘇生法とAEDの使い方について教わりました。

    最初に応急手当の必要性を学びました。
    救急車を呼んでから現場に到着するまで、平均10分程度はかかるそうです。
    もし急病人が呼吸停止や心停止している場合は
    各臓器に血液が流れなくなりますが、
    それによって臓器に損傷が起こるのは、わずか数分後だそうです。
    特に脳は、3分を過ぎてしまうと影響が出てくるそうです。
    つまり、救急車が到着するまでの約10分間、急病人を処置せずにいると、
    各臓器に影響が出たり、死に至るリスクが上がってしまいます。
    そこで必要となるのが、応急手当なのです!

    応急手当の方法として、今回は胸骨圧迫と、AEDの使い方を教わりました。
    胸骨圧迫では、手順を教わりながら、一人ずつ実演してみました。
    1分間に100~120回程度、つまり1秒間に2回程度の
    スピードで行うので、結構、疲れます……。
    胸骨に対して、押す人は腕を垂直にすることと、
    自分の体重をうまく使って行うのがポイントのようです。

     

    AEDは、音声ガイダンスが流れるので、操作自体は簡単なのですが、
    胸骨圧迫を続けながら準備しなければならないので
    並行して行うのが難しいと思いました。

     

    今回、応急手当について学んだことで、
    技術的なやり方はもちろんですが、
    もし周りに倒れている人がいたら
    その人に声を掛ける、救急車をすぐに呼ぶ、
    といった行動を起こすことの大切さも理解できました。
    いざという時は、積極的に行動してほしいなーと思います。

     

     

  • 5/20 オープンキャンパス行いました

    2018.05.20

    医療事務科2年 担任の舘岡です(*^-^*)
    秋コアでは5月20日(日)に
    オープンキャンパスを行いました。

    医療事務科の体験講座は、
    「計算してみよう!検査にかかる費用
    ~血液検査で分かる抗体あり/なし~」
    と題して、保険点数の算定を行いました。

    今、全国的にも「はしか」が流行っていますが、
    そうした抗体が有るのか無いのか、
    確認するための検査です。

    今日行った点数算定は、
    医療事務の仕事のベースとなる大事なものです。
    参加してくれた高校生の皆さんは、
    どんな仕事なのか、イメージを掴んでくれたことだと思います(^_-)-☆

    秋コアの次回のオープンキャンパスは、6月9日(土)となります。
    次回も医療事務科の体験講座があり、レセプトコンピュータの操作を体験できますので、
    ぜひ、遊びに来てください(*^-^*)

     

1 2 3
↑