高度職業実践科 ブログ

高度職業実践科のブログ一覧 (全86件中 7件目~9件目を表示)

  • あきたキッズプログラミングスクール(2日目)を行いました!

    2020.01.12

    昨日 に引き続きあきたキッズプログラミングスクールの2日目を行い、無事終了しました!

    昨日の様子は、さきがけ新聞にも記載されています。

    親子でゲーム制作に挑戦 秋田市、プログラミングの基礎学ぶ

     

    2日目の今日も小学1年生から中学3年生まで、幅広い年齢の子供たちが参加しました!

    Webブラウザ上から、Scratch(スクラッチ)というプログラム言語を使用してゲームプログラミングしていきます。子供たちからは、ゲーム制作が進むたびに歓声や笑い声があがります。

    丁寧に作っていく児童もいれば、いろいろやってみる面白い児童も。

    学生サポートも、2日目ということもあり、かなり慣れてきたようでした。教えるのも勉強ですね!

    スクールは13日の秋田高専、秋田大会場で終了となりますが、このあと小中学生はプログラミングアワードという大会があるので、そちらも楽しみです。

     

    今後は小学校でもプログラミング教育が始まり、ますますITは注目されていきますね。

    秋田コアビジネスカレッジも、IT教育に関わる学校として、地域と連携して秋田と秋田の未来を盛り上げていきます!!

     

  • あきたキッズプログラミングスクール(1日目)を行いました!

    2020.01.11

    秋田コアビジネスカレッジでは、魁新報社主催のあきたキッズプログラミングアワードの体験教室(スクール)に協力しています。

    あきたキッズプログラミングアワード

    1月11日、12日の2日にわたって、小中学生向けにゲームプログラミング実習を実施しています。

    本校の教員と協力企業が講師を務め、高度職業実践科の学生たちもサポートしています。

    内容は、スクラッチ(Scratch)というプログラム言語によるゲームの制作体験です。

    プログラミングをして、キャラクタが動くと思わず歓声が!

    小学1年生から参加していますが「座標」とか「制御」とか出てきてもみんなすいすい進めています。

    スゴイ!!!

    学生のみんなもしっかりサポートしてくれました。

    子どもたちと仲良くなれたかも!?

     

    今日は午前午後それぞれ親子20組で、合わせて40組(約80名)の方に参加いただきました。

    明日も行いますので、お待ちしています!

     

  • 顔認証システムの開発

    2019.12.11

    ITスペシャリストコース2年生は、企業との連携授業の中で顔認証システムの開発に取り組んでいます。

    始まったのが10月後半だったので、早くも1ヶ月半が過ぎましたが、ついに一連の処理が動くところまできました。

    流れとしては、

    1.端末上であらかじめ登録されている顔写真を選び、

    2.顔を撮影します。

    ここで、撮影に使うのがこの小型コンピュータのカメラです。

    3.登録されている写真と撮影した写真を比較し、

    4.一致度がある値を超えたら同一人物と判断して、

    5.「あなたは○○さんですね」とスピーカーから音声を流します。

    もし違っていたら、一致しませんでした、と言います。

    こんな感じでプログラムを書いてきました。

    一通りできましたが、この後十分にテストを行い、品質や性能を高めていきます。

    そしてさらに、使いやすくしていきたいですね。

    難しかったか、易しかったか、と言われると、かなりの部分で企業の方からのアドバイスを受けたことから、やはり難しかったと言えるでしょう。

    でも、短期間少人数でここまでできたことはすばらしいです。

     

    本格的にやったら数百万円、数千万円かかるかもしれない認証システムを、超低コストで作り上げました!

    今年は実用的なサービス、を目標に演習を行っていますが、目指すところに近づいてきているのではないでしょうか!?

     

     

     

1 2 3 4 5 29
↑